キャッシング新時代?AIを利用した即日審査!

robot-2937861_640

即日審査でキャッシング。今では特にめずらしくもないシステムであり、ほとんどの消費者金融が実施しているサービスです。

ただ、審査の仕組みについては時代とともに変化しており、消費者金融のほうも将来的なニーズの移り変わりに対応すべく、これまでにはない新しいシステムを導入するなど、地道な企業努力をつづけています。

金融業界でここ数年注目されているのがAI(人工知能)による審査です。銀行では現在、複数人の専門スタッフによる厳重な融資審査を行い、申請者ひとりひとりの収入レベルと返済能力を見きわめたうえで融資の判定をしています。

審査が圧倒的に短いとされる消費者金融でも、最終的な融資判定についてはスタッフが手動で行い、融資ラインが難しい案件では複数のスタッフによる判定会議が行われる場合もあります。

ただ、AIの登場によって、金融業界を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。現時点ですでに、株式投資やFXなどの世界ではAIによるデータ解析を本格導入しようという動きがあり、実際の投機において活用している実例も徐々に増えています。

AIの能力をキャッシング審査に応用することによって、申請者からの入力データをすべて数値的に処理することができ、融資判定が難しいケースでも人間が関わることなく、AIのシステム上で一切のプロセスを実行することができます。

もちろん、これまでもコンピュータ上で融資審査を処理してきましたが、最終的な融資判定の部分までAIによって自動化することができれば金融業者にとっても大幅なコスト削減になり、その分を顧客の利益として還元することができます。

もともと数的処理や論理的思考に特化したAIは金融業界と非常に相性が良く、日本国内にかぎらず世界規模でAIの本格導入が推し進められるだろうと見られています。

これまでの日本では、「即日審査は基準が甘いから不安」と思われてきましたが、AIによる正確無比な融資審査が仮に今後定着すれば審査基準が明確になり、「審査基準が曖昧」という消費者金融の弱点を克服することにもなります。

AIによる融資審査は融資の申請者だけでなく、金融機関側にとっても大きなメリットがあります。金融機関にとって最もさけたい大きなリスクとして、融資の焦げ付きが挙げられます

専門スタッフによる審査であったとしても、それが人間の力によるものであるかぎり判断ミスは免れず、金融機関は年間で一定程度の焦げ付きリスクを抱えることになります。

AIの性能が今後さらに進歩すれば、融資判定の精度をよりいっそう向上させることができ、将来的にはひとりひとりが無理なく返せる限度額の設定も行えるようになると言われています。