お金を借りる所は慎重に選ぶ必要がある、その方法とは

chek

カードローンやキャッシングなど、お金を借りる時にはどの会社から借りるのかを選ばなくてはいけません。

お金を借りる所をきちんと選ばないと、返済が大きな負担となってしまったり、審査に時間がかかってお金が必要なタイミングに間に合わなかったという事態になってしまいます。

そうならないためにも、きちんとどこからお金を借りるのかを選ぶ必要がありますし、お金を借りる会社選びのポイントも知っておく必要があるでしょう。

キャッシング会社は多くありますから、その中からどの会社が自分に合っているのかを探すのは非常に重要です。

会社選びをする時に役立つ手段として、インターネットの利用がまず挙げられます。インターネットでホームページやランキングサイトを利用する事で、さまざまな情報を一度に手に入れる事ができ、さらにスマホやPCで複数の会社を比較しやすくなります。

金利の低いところを選びたいという場合、やはり複数の会社を比較する事は重要ですから、気軽にそういった事をしやすいインターネットは非常に便利な手段となるでしょう。

ランキングサイトでは人気の高い会社を紹介していますので、初めて利用するという方でも信頼できる大手企業を見つけやすく、ホームページなどから気軽に申し込みができて重宝します。

電話や店頭での申し込み以外にも、ネット申し込みに対応している会社は増えてきているので、インターネットの利用はおすすめの手段となっています。

会社選びをする時に気を付けたいポイントとしては、金利や審査にかかる時間、借り入れ限度額などに注目しましょう。金利は銀行系と消費者金融系とで違いがあり、基本的に銀行系は低く、消費者金融系は高めに設定されています。

一方で審査にかかる時間は銀行系は長く消費者金融系は短い事が多く、さらに限度額は銀行系の方が高く設定されているなどの違いがあり、どちらが自分に合っているかを確かめてから選ぶと良いでしょう。

特に金利に関しては消費者金融系と銀行系で明確に違ってくるので、長期的な返済計画を立てている場合は銀行系、借りた後に短い期間ですぐ返せるような場合は消費者金融系を利用すると無理のない返済がしやすくなります。

会社選びはキャッシングやカードローンなど、お金を借りる場合に非常に重要です。自分が無理をせずに返済できる金利かどうか、すぐお金が必要な場合は即日融資が可能かどうかといった部分を確認し、その上で利用しないと意味がありません。

事業主として借りる場合はもちろん、個人で借りる場合も気軽に借りられるからというだけでなく、細かい部分まで確かめた上で利用する会社を決めるようにしましょう。

車でお金を借りるキャッシングとはどんなものか

キャッシングを利用する時に、担保が必要となる場合がありますが、こういった担保として車が利用できることを知らない人も多いのではないでしょうか。

車は多くの社会人が持っている物ですから、これを担保にお金を借りる事ができるのであれば、いざという時にお金を用意しやすくなるので非常に重宝します。

ただ、車でお金を借りる場合にはいくつかデメリットもあり、このデメリットや借りる時の注意点を知らないと、スムーズな手続きができなかったりお金を借りた後でトラブルに発展してしまう事も考えられます。

いざという時に困らないよう、きちんとメリットや借りる際の仕組み、注意点などを知っておきましょう。

車を使ってお金を借りる事も大きなメリットは、他の担保でお金を借りる場合に比べて審査が緩いという点です。もし返済ができなくなった場合でも担保である車を売却する事でお金の回収ができるため、審査が非常に緩くなっていますので他の金融会社での融資を断られた人でも借りやすくなっています。

また借り入れまでの時間が短いというのもメリットのひとつで、申し込みをした後は車の査定と契約書へのサインといった短い手続きだけでいいので、30分程度でお金を借りる事が可能です。

急いでお金が欲しいという場合に、車だけあればスピーディーに借りる事ができるため重宝するでしょう。もちろん担保とするだけですから、返済が済めば車も戻ってくるので安心です。

そして車を担保にしてお金を借りる場合、お預かりと乗ったままという2種類の形式で借りる事ができます。

どちらも読んでわかるように、お預かりの場合はお金を貸している間会社側が車を預かり、借りたお金を全額返済するのと同時に車を返却して貰えます。

乗ったままの場合は会社側が車を預かる事はありませんが、その代わりに車検証を預かってもらう事になったり、車の名義が返済完了まで借りた会社のものになります。

乗ったままだからといって、返さないでいると当然ながら車は売却されてしまいますので、注意が必要です。

また車を預けても問題が無い場合であれば、わざわざお金を借りるのではなく車を売ってしまった方が、より高いお金を手に入れる事ができるのも覚えておきましょう。

注意点として気を付けたいのが、車を担保にお金を借りる事ができる会社の金利は、法律で定められたギリギリの金利である18%である事が多いという点と、銀行では車は担保として認められないという点です。

金利は返済をする時にとても重要なポイントですし、借り入れ限度額の多い銀行で車が担保にできないというのも、知っておかなくてはいけないポイントです。

利用する前にこれらの事を知っておき、利用しやすい車を担保にしたキャッシング会社を調べておきましょう。

銀行からお金を借りるにはどのような事前知識が必要になるか

hatena01

普通の人はおそらく、銀行で預金をすることはあっても銀行からお金を借りる機会はめったにないのではないでしょうか。

ただ、銀行にとっては個人や企業への融資こそが利益確保のための重要な手段であり、顧客からの預金を融資や投資にまわすことで経営を維持しているという側面があります。

言い換えれば、銀行は融資の利息によって存続しているのであり、お金の需要とも言える金利が高いほどより安定して利益を生み出せる可能性が高くなります。

日本の現状をみると、いわゆる政府系金融機関が継続している低金利政策は必ずしも望ましい効果をあげているとは言えず、むしろ依然として個人、企業を含めた借入需要は低迷しており、金融機関にとっては現在が正念場とも言われています。

金融機関の利益を下げてまで政府が超低金利政策をとっているのはなぜでしょうか。

金利をできるだけ低くおさえることによって、個人や小規模の企業でも借り入れが容易になり、融資されたお金は新たな事業にまわされるため長期的なスパンで見れば世の中に出まわるお金の総量が増え、景気が上向きになるというのが基礎的な理論です。

ただ、少なくとも日本国内においては「お金を使うことの不安」のほうが強まっており、政府や金融機関が期待したほどには融資の需要が安定化していないのが実情のようです。

金融機関からの借入を進めるには身元の確認が必要です。金融機関の本人確認は、銀行が信用情報を確認する手続きであるだけでなく法的に義務づけられた必須プロセスであり、金融機関によって手続きの手順や審査プロセスが異なることはありません。

「運転免許証(運転経歴証明書)」、パスポート、マイナンバーカード、身分証明書、といった公的な証明書が必要となり、上記の書類であれば顔写真がついているため単独で証明書としての効力を発揮します。

健康保険証や母子福祉手帳などで本人確認を行う場合には単独では証明書として通用しませんので、他の証明書と一緒に提出することがもとめられます。

かつては、銀行からお金を借りると言えば大企業などはともかく、一般レベルでは少々敷居が高いように思われていましたが、ここ数年は銀行側の融資条件もかなり緩和されており、零細企業では個人レベルでも比較的有利な条件で融資を受けられる環境がととのいつつあります。

政府との連携を鑑みてもちょうど現在が借り手にとって絶好の借り時と考えることができ、消費者金融などと比べて圧倒的に金利が安いというメリットがありますので、まずは借入のシミュレーションだけでも検討してみましょう。

カードローンの返済について

カードローンの返済は絶対にやらなくてはならないことです。しかしながら、元本に加えて利息を付けて返済することが必要になりますので、なかなか返済をするのは大変であることをまずは知っておくことが必要です。

金融機関の方も返すことが難しいと判断するような場合には、お金を貸さないというようなこともあります。これは意地悪しているのではなくて消費者を守ることを考えているためなのです。

お金を無責任に貸し付けて返済できなくなってしまいますと双方にとって大きなデメリットになります。返済のために更に借金を重ねていくようなことは絶対に避けなくてはなりません。

借りる際には返済プランをキチンと考えて借入をすることを考えてみるといいでしょう。むやみに借りてしまうと借金の返済に追い詰められてしまうことも起きてしまいますので注意が必要です。

フィーリングで借りるのではなくて返済プランを自分で確認して確実に返すことができると自分で納得してからお金を借り入れるようにするといいでしょう。

また、毎月の返済は決められた金額を期日までに行って行くことが必要です。返済の期日を忘れてしまわないように自分で管理をすることが必要ですが、金融機関のなかには返済日の前にリマインドメールを送ってくれるサービスを用意してくれているものがあります。

このサービスを利用すれば返済を忘れてしまうことは無くなるので便利です。

更には、複数の金融機関からお金を借り入れている場合には、しばしば返済の手続きをすることになってしまいます。この手間を簡単にするために、おまとめプランを使って借り入れを一つだけにしてしまうという方法もおすすめです。

おまとめをすると返済をする日が毎月1回ということになりますので非常に便利です。また、仮にお金のやりくりの問題で返済の日にちが数日遅れてしまうような時には、直ぐに金融機関に連絡をすることがおすすめです。

返済日に遅れてしまうのは決していいことではありませんが、連絡をして返済の意志があることを金融機関に伝えることをすれば、柔軟に対処してもらえることも多くなります。

黙っていることは、金融機関からの信用を下げてしまいますので、返済に関して問題が生じそうなときにはあらかじめ金融機関にそれを伝えるようにすることがおすすめです。

もちろん返済の期日に遅れてしまうことは決していいことではありませんので、出来るだけ期日までに返済するようにしなくてはなりません。

お金を借りる方法

l_153

お金が必要になった場合にはどのような方法でお金をやりくりするのがいいのでしょうか?まずは家族や知人にお金の相談をしてみることが一般的です。

家族や知人であれば、ほとんどの場合において無利息でお金を借りることができるようになるので便利ですが、精神的な甘えが出ないようにするために借用書のようなものは作成してお互いに保管するようにすることがおすすめです。

また、家族や知人であるからと言って甘えないで、必ず借りたお金は返すようにすることが必要です。誠意ある対応をしていかないと家族や知人との間の人間関係を壊してしまうことになりますので、注意が必要です。

また、家族や知人にお金に困っているといことを知られたくないというような場合には金融機関からお金を借りるようにすることがおすすめです。

お金を借りることは法に触れることではありませんので、気にすることなくお金を借りるようにすればいいのですが、金融機関からお金を借りる場合には審査が必要になってきます。審査にパスをしないとお金を借りることができなくなってしまいます。

銀行からの借入の場合には非常に厳密かつ長時間の審査が必須となりますが、消費者金融からの借入であれば、短時間で審査が終了します。最短で即日でのお金を貸してもらえるようになってきます。

消費者金融での審査は短時間で完了しますが、無審査でお金を貸しているという訳ではありません。ですから、いわゆるブラックリストにこれまでの金融関係のトラブルの情報が掲載されているような方の場合には絶対にお金を借りることができなくなってしまいます。

また、総量規制が適応されるような借入申請をしている場合も当然のことですが、審査に落ちてしまうことになります。

更には、ブラックリストには掲載されていないのですが、複数の金融機関からお金を借り入れているような場合には審査に落ちてしまうことも考えられます。

どうしも即日でお金が必要という場合には、クレジットカードを保有している方であれば、キャッシング機能を活用してみてもいいでしょう。クレジットカードのキャッシング機能をつかえば、限度額まで無審査で借り入れのすることが可能になります。

色々な方法でお金を借りることができるようにはなっていますが、借りたお金はどんなことがあっても絶対に返すようにしなくてはなりません。その点はしっかりと認識しておくことが必要です。

キャッシング新時代?AIを利用した即日審査!

robot-2937861_640

即日審査でキャッシング。今では特にめずらしくもないシステムであり、ほとんどの消費者金融が実施しているサービスです。

ただ、審査の仕組みについては時代とともに変化しており、消費者金融のほうも将来的なニーズの移り変わりに対応すべく、これまでにはない新しいシステムを導入するなど、地道な企業努力をつづけています。

金融業界でここ数年注目されているのがAI(人工知能)による審査です。銀行では現在、複数人の専門スタッフによる厳重な融資審査を行い、申請者ひとりひとりの収入レベルと返済能力を見きわめたうえで融資の判定をしています。

審査が圧倒的に短いとされる消費者金融でも、最終的な融資判定についてはスタッフが手動で行い、融資ラインが難しい案件では複数のスタッフによる判定会議が行われる場合もあります。

ただ、AIの登場によって、金融業界を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。現時点ですでに、株式投資やFXなどの世界ではAIによるデータ解析を本格導入しようという動きがあり、実際の投機において活用している実例も徐々に増えています。

AIの能力をキャッシング審査に応用することによって、申請者からの入力データをすべて数値的に処理することができ、融資判定が難しいケースでも人間が関わることなく、AIのシステム上で一切のプロセスを実行することができます。

もちろん、これまでもコンピュータ上で融資審査を処理してきましたが、最終的な融資判定の部分までAIによって自動化することができれば金融業者にとっても大幅なコスト削減になり、その分を顧客の利益として還元することができます。

もともと数的処理や論理的思考に特化したAIは金融業界と非常に相性が良く、日本国内にかぎらず世界規模でAIの本格導入が推し進められるだろうと見られています。

これまでの日本では、「即日審査は基準が甘いから不安」と思われてきましたが、AIによる正確無比な融資審査が仮に今後定着すれば審査基準が明確になり、「審査基準が曖昧」という消費者金融の弱点を克服することにもなります。

AIによる融資審査は融資の申請者だけでなく、金融機関側にとっても大きなメリットがあります。金融機関にとって最もさけたい大きなリスクとして、融資の焦げ付きが挙げられます

専門スタッフによる審査であったとしても、それが人間の力によるものであるかぎり判断ミスは免れず、金融機関は年間で一定程度の焦げ付きリスクを抱えることになります。

AIの性能が今後さらに進歩すれば、融資判定の精度をよりいっそう向上させることができ、将来的にはひとりひとりが無理なく返せる限度額の設定も行えるようになると言われています。