銀行からお金を借りるにはどのような事前知識が必要になるか

hatena01

普通の人はおそらく、銀行で預金をすることはあっても銀行からお金を借りる機会はめったにないのではないでしょうか。

ただ、銀行にとっては個人や企業への融資こそが利益確保のための重要な手段であり、顧客からの預金を融資や投資にまわすことで経営を維持しているという側面があります。

言い換えれば、銀行は融資の利息によって存続しているのであり、お金の需要とも言える金利が高いほどより安定して利益を生み出せる可能性が高くなります。

日本の現状をみると、いわゆる政府系金融機関が継続している低金利政策は必ずしも望ましい効果をあげているとは言えず、むしろ依然として個人、企業を含めた借入需要は低迷しており、金融機関にとっては現在が正念場とも言われています。

金融機関の利益を下げてまで政府が超低金利政策をとっているのはなぜでしょうか。

金利をできるだけ低くおさえることによって、個人や小規模の企業でも借り入れが容易になり、融資されたお金は新たな事業にまわされるため長期的なスパンで見れば世の中に出まわるお金の総量が増え、景気が上向きになるというのが基礎的な理論です。

ただ、少なくとも日本国内においては「お金を使うことの不安」のほうが強まっており、政府や金融機関が期待したほどには融資の需要が安定化していないのが実情のようです。

金融機関からの借入を進めるには身元の確認が必要です。金融機関の本人確認は、銀行が信用情報を確認する手続きであるだけでなく法的に義務づけられた必須プロセスであり、金融機関によって手続きの手順や審査プロセスが異なることはありません。

「運転免許証(運転経歴証明書)」、パスポート、マイナンバーカード、身分証明書、といった公的な証明書が必要となり、上記の書類であれば顔写真がついているため単独で証明書としての効力を発揮します。

健康保険証や母子福祉手帳などで本人確認を行う場合には単独では証明書として通用しませんので、他の証明書と一緒に提出することがもとめられます。

かつては、銀行からお金を借りると言えば大企業などはともかく、一般レベルでは少々敷居が高いように思われていましたが、ここ数年は銀行側の融資条件もかなり緩和されており、零細企業では個人レベルでも比較的有利な条件で融資を受けられる環境がととのいつつあります。

政府との連携を鑑みてもちょうど現在が借り手にとって絶好の借り時と考えることができ、消費者金融などと比べて圧倒的に金利が安いというメリットがありますので、まずは借入のシミュレーションだけでも検討してみましょう。